1. 雨水ネットワーク
  2. 雨水利用相談所
  3. 雨水タンクの容量の目安は?

2014/05/25 雨水タンクの容量の目安は?

用途により様々ですが、居住者1人当たり1トン(1000リットル)程度の貯留量を確保すると、幅広く利用できると言われています。

有効に利用するには、いつもたくさん溜まっている方がいいのですが、そうなると流出抑制の効果が薄れてしまい、逆に流出抑制のためにいつもタンクを空っぽにしておくと利用ができません。

雨水の貯留量の3分の1は利用し、3分の1は流出抑制のために常に空間であるようにし、3分の1は非常用に常に溜めておくとよいとされています。

最近では、集水面積や利用量から適切な雨水タンク容量をシミュレーションできるアプリがウエブサイトに公開されています。

Aka Navi」 (福井工業大学 工学部 経営情報学科 笠井研究室制作)